このサイトにたどり着いたということは、あなたはレビトラのことが気になっている、興味がある、知りたいことがあるという可能性が高いと思います。責任を持ってレビトラを伝えます。

レビトラと食事の影響

薬のケースを持つ人

レビトラは、過去にあった食事に関するED治療薬の影響を受けて食事の影響をあまり受けないように作られています。
そのため、一回の食事程度ならば食事をとった後に薬を服用することができるので安心して性行為をすることが出来ます。
レビトラ以前のED治療薬の難点は、食事と一緒に薬を服用することが出来ない点にありました。
これは、ED治療薬の役割が食事の栄養分と争ってしまって身体に良くない影響を与えてしまっていたからです。
男性のEDの原因は色々と解釈できるのですが、その大きな要因としてその人の血中濃度と血液の流れが問題視されています。
人間の身体は、食事をとると胃の中で分解されて吸収され、その栄養分が血液の中に入って初めて身体に届けることができる仕組みになっています。
勃起をする時には、この血液の流れが陰茎海綿体という部分に流入する必要があります。
陰茎海綿体に大量の血液が入って行くと、その部分に入った血液は行き場を失ってやがて膨張を開始します。
そして、この膨張が最大限になると勃起という現象が生じるわけです。
ですから、勃起はそもそも人間の血液の流れが正常に働かないかぎりはなかなか実現することが出来ない現象であるといえます。
レビトラは、こうした血液の流れや血液に与える影響を第一に考えて、食事から摂取できる栄養分を争わないような工夫がされています。
バイアグラの時にはこうした工夫ができていなかったので薬を服用する時には必ず空腹でいることが前提だったのですが、レビトラの時には規定されている範囲のカロリー数ならば身体に影響を与えません。
そのため、食事の影響を受けにくいレビトラを使う事でより手軽にEDは治すことができるのです。

関連記事